シーカーズ(SEEKERS)

元気よくパワフルに
細かいところまでサポート
「全部任せても大丈夫」と
思っていただけるように

シーカーズインタビューを受ける大野 優太さん
  • センチュリー21 アース住販
    営業第1課
  • 大野 優太
  • 営業
いいね! 4
いいね!

Interviewインタビュー動画

大野 優太さんのシーカーズインタビュー風景

仕事に慣れるまではどんな苦労がありましたか?

お客様の気持ちを考えられない日々
当時の苦悩があるから今の自分がある

  • 入社してから2年間くらいは、はっきり言って最悪の不動産営業でした。というのも、お客様は人生で最大の買い物なので真剣な一方、当時は物件のことを「ただの商品」としか思っていなかったですし、家が売れればそれでいいという、自分本位の考え方しか出来ませんでした。相手の立場で考えられないから対応が雑になり、当然契約に至るはずもありません。むしろお客様から怒られ、上司から怒られ…散々な毎日でした。同時に、悔しくて悔しくて仕方がなかったですね。
  • どうすれば怒られないのか悩みぬき、最後に辿り着いたのは「大野さんに任せておけば全部大丈夫」と思っていただくこと。そのために何が出来るのかを考えたら、とにかく細かいところまで気を配らないといけないなって。そう気付くことができた時、初めてお客様と真剣に向き合えた気がします。ちょうど結婚して娘が生まれた時期と重なったのが、きっかけとしては大きかったでしょうね。初めて自分の腕で我が子を抱いた瞬間、これまで自分がいかに親や周りの人に守ってもらって生きてきたのかを痛感するとともに、これからはこの子を守っていかなきゃいけないんだと、強く思いました。あの頃の経験が現在の私を支えてくれています。

仕事で工夫されていることは何ですか?

絶対に振り向いてもらいたい
そう考えれば自ずと行動に繋がる

  • 工夫しているというよりは、あるテーマを軸にして、その実現のために行動するようにしています。それは、どのお客様に対しても、例えるなら片想いの相手のようなイメージで向き合うということです。好きな人のことを考えたらこまめに連絡を取るのはもちろん、趣味が何なのか、どこに連れていったら喜んでくれるかなど、本気で向き合うに決まっていますよね?
  • また、負けず嫌いな性格ということもあり、何が何でも絶対に振り向かせたいですし、ライバルには取られたくありません。その気持ちを仕事に置き換えたら、お客様に評価していただくためには細部にまでこだわらなければいけないですし、他社の営業マンと差別化を図る必要があります。
  • 実際に行っていることの一例としては、おすすめしたい物件を中心とした地図を作って、近隣のお店や学校までの距離などを書いたお客様のためだけの資料をお渡しします。その後も税制やハザードマップなどの情報を追加で用意して、本当に安心して購入できそうな物件かを、しっかりと見極めていただけるようにしています。
  • 他の営業マンがあまりしないプラスアルファのサービスをすれば、お客様にも好感を持っていただけるでしょうし、自分自身も調べることによってエリア特性を把握できれば、他のお客様にご案内する際の引き出しが増えます。また、休みの時に家族と色んなところに出掛けて、買い物をしたり犬と公園で遊んだりして過ごすことが多いんですけど、ふと「お客様だったらここでどう暮らすんだろう」というのは、いつも想像するようにしています。そこで感じたことは、そのままお客様とのコミュニケーションに活かせますので、リフレッシュも兼ねて情報収集できるのは、この仕事の良い部分だなといつも感じますね。
大野 優太さんのシーカーズインタビュー風景

お客様とはどのように接していますか?

なぜ家を買いたいと思うのか考え
幸せになってもらうため全力を尽くす

  • 周りにいる営業の方を見ていると、良い意味でも悪い意味でも大人しい方が多いなという印象を受けますので、私自身は誰よりも元気よくパワフルに動き回るように気を付けています。そうすれば、絶対に自分を信じてもらえると考えていますから。個人的には、テンションが低い人から案内を受けて、本当に買いたいと思えるのかなという疑問もあるんですよ。
  • お客様は何のために家を買うのか?それはきっと、自分たちが幸せになるためです。向かう先に不幸が待っていると考えているのなら、買う意味もないはず。幸せになってもらうための行動を考えれば、自然と明るくなりますよね。
  • お客様とお会いしたばかりの時は、いきなり家やお金の話をしても緊張されると思うので、そういった話は一切しません。まず私がお客様に対して心を開かなければ、お客様も心を開いてくれないと考えていて、本当に色々なお話をさせていただいています。ご主人様がゴルフをされる方であれば、その話で盛り上がりますし、キャンプやBBQをはじめとしたアウトドアの話、子供の話など、挙げたらきりがないですね。
  • もともと人と話をするのが好きで、この仕事を選んでいるということもあり、物件巡りをしている時の移動時間に、仕事抜きで話すのが純粋に楽しいというのもありますけど、お客様の目的はあくまでも家探し。明るく楽しく会話をするだけでは、仕事として成立しません。そこはメリハリをつけて、仕事は真面目かつ丁寧に、細かいところまでサポートすることは欠かさないようにしています。
  • 会話の中で注意深く聞くようにしているのは、お客様がどのようなライフスタイルなのかということです。理想とライフスタイルが最初から噛み合っているケースは少ない印象ですので、「どの物件であれば幸せに暮らしていけるのか」という一点にこだわり、お客様と二人三脚で考えていくことに努めています。

思い出に残っているエピソードを教えてください

お客様からの言葉を励みにして
大切な方は絶対雑に扱わない

  • お引き渡しの時に、「ありがとうございました。大野さんのおかげで、満足できる家を買うことが出来ました」と言われるのは、いつ聞いても嬉しく、仕事をしていて一番やりがいを感じるところでもありますけど、その中でもある方のことがとても印象に残っています。
  • まだ購入していただく前に、ご案内を続けている最中のある日、そのお客様が散歩がてら近くの現地販売会に立ち寄った際、他社の方から色々と営業をかけられたそうです。そこでご主人様が、「我々には心に決めた営業の人がいるから、どんなに頑張っても無駄ですよ」ときっぱり断ったというお話を、お引き渡しのタイミングで「実は…」という形でお聞きしたんです。それを聞いた瞬間、実は信頼していただけていたことに対して、これまでにない喜びを覚えました。
  • 私は特別な何かをしたというわけではなく、いつものようにお仕事や物件の話から始まり、自分のことも打ち明けて、とにかく些細なことでも連絡を取り続けただけのことです。当たり前のことを当たり前に行動したことが、お客様からの評価に結び付いたので、自分の考え方は間違っていなかったと再認識できたのと同時に、自信にも繋がりました。そのお客様とは、今でも月に1度くらいは定期的に連絡を取り合っています。他の方とも、数か月に一度のペースで、何かお困りのことがないかという確認も兼ねて、連絡を取るようにしています。
  • 期間として考えているのは、お客様が私に飽きるまで…ですかね(笑)。契約後に、一切連絡を取らなくなるような営業マンも中にはいるようですけど、私を選び、私から購入してくださった大切なお客様ですから、雑に扱うということは絶対にしません。

今後の目標・ビジョンをお聞かせください

この会社に入れて運が良かった
幸せをもっと提供できるよう成長したい

  • 人と話せる仕事をしたくて、なんとなく営業職に就きたいと思って、求人サイトで検索して一番上に表示されたのが当社でした。入社して間もなく6年、本当にあっという間に過ぎたと感じられる環境で仕事が出来ていて、今思えばこの会社に入ったのは運が良かったと思います。後輩が出来たのもそうですし、家庭を持ったのもそうですし、未熟だった私が責任感を持って仕事を出来るようになったのは、当時では考えられないことです。
  • これまで、お客様や会社からたくさんの幸せを与えていただいたので、今後は与える側になれるよう、人間としてより一層成長していきたいです。仕事をする上で普段意識しているのは、短いスパンで小さな目標を達成させることをモチベーションにして、ひとつずつ着実に実現させていくということですね。性格的に長期での売上目標などを設定すると、途中で挫折してしまいそうなので、分かりやすい目標を立てるようにしています。
  • 子供へのプレゼントとか、家族旅行とか、後輩を食事に連れていくとか。自分以外のために頑張ろうと思えば、必然的に責任感が生まれてきますし、その責任感がお客様に対して真剣に向き合う姿勢を生むと考えています。最終的には、今よりもずっと大きくて庭も特大な家に引っ越して、そこでたくさんの犬を走らせ、子供をプールで遊ばせ、みんなでBBQが出来る「パラダイス」を作ることが夢です。
  • それが実現する頃には、自然とセンチュリー21での名誉でもあるセンチュリオンにもなっているでしょう。そのためには、とにかくたくさんのお客様とお会いして、まずは大野という人間を覚えてもらうのが第一です。そして、「また大野に物件を案内してもらいたい」と思っていただけるように行動することを常に心掛け、元気・気配り・清潔感はこれからも大切にしていきます。

編集後記Editor's Voice

  • 事前に連絡を取らせていただいた際、お電話で少し話しただけで感じた明るい雰囲気。実際にお会いした大野さんは、想像していたよりもずっと“元気でパワフル”で、その表現がピッタリと当てはまる盛り上げ上手な方でした。
  • インタビュー中も笑いが絶えず、 「きっと普段からお客様ともこんな感じで話されているのだろうな」と、 思わず想像してしまったほど。一方ではご自身が「メリハリはつけます」と仰っていた通り、お仕事のこと、特にお客様のことを語り始めると、柔らかい表情が一変します。
  • 真剣な面持ちでひとつひとつ言葉を選びながら、落ち着いて話されていた姿からは、責任感の強さが伝わってきましたし、そのギャップは大野さんをさらに印象付けるものでした。
  • 幸せになるための住まい探し、大野さんに任せれば楽しいだけではなく、充実したものになりそうです。

センチュリー21 アース住販
営業第1課

大野 優太

営業
大野 優太さんのシーカーズインタビュー

思い出に残る「大切な一枚の写真」Memorial Photo

  • 記念すべきゴルフデビューの瞬間。目の前いっぱいに広がる大自然の中で繰り広げられる自分との闘い。この日を境にゴルフに夢中になってしまいました。ベストスコアは108。まだまだ初心者ですが頑張ります。

シーカーズ大野 優太さんの大切な一枚の写真

大野 優太を表す「3つ」のキーワード3 Keywords

  • ■『愛娘』
    昨日出来なかったことが今日出来ていることに感動。成長を見守るのが生きがいです。
    ■『愛犬』
    ボーダーコリーのももちゃん(4歳)は毎日癒しをくれます。どこでも一緒の相棒です。
    ■『キャンプ』
    焚き火の炎を眺めて自分を見つめ直す至福のひととき。毎月行きたいくらい好きです。