シーカーズ(SEEKERS)

良い会社で働いていると
自然と笑顔になる
全ての出会いに感謝し
責任を果たす

シーカーズインタビューを受ける藤本 駿哉さん
  • センチュリー21 アイ建設
    営業第1課
  • 藤本 駿哉
  • 営業
いいね! 4
いいね!

Interviewインタビュー動画

藤本 駿哉さんのシーカーズインタビュー風景

入社までの経緯を教えてください

賃貸から売買へのステップアップ
上司の人柄に惚れ込み、すぐ入社を決意

  • 就職活動を行っていた際、ある合同企業説明会に参加しまして、最終的に2社でインターンをさせていただきました。でも、私にとっては印象があまり良くなくてですね…。
  • そう思っていた矢先、藤沢市の賃貸仲介会社から逆指名のような流れでオファーをいただいたんです。そこでも同様にインターンをさせていただき、皆さんが楽しそうに働いていたのが印象に残ったため、そのまま入社したというのが最初のきっかけでした。
  • 特に不動産会社に対してのこだわりがあったわけではないのですが、人と話すのが好きですし、人当たりの良い性格という自負もあったので営業が適しているとは思っていましたね。その会社で5年間勤務して、そろそろ次のステップに進みたいと考えていたときに友人から紹介されたのが当社です。
  • 面接で現在の上司と出会った際、少し話しただけで人柄の良さが伝わってきて「この人の下で働きたい」と思いすぐに入社を決めました。今思えば、前の会社も面接してくださった店長がとてもいい方だったのが入社理由のひとつでしたから、たまたまかもしれませんけれども「人に恵まれているな」というのは感じましたね。

実際に入社してみて、いかがでしたか?

お客様への想いは売買になっても変わらない
良い環境が好循環を生んでいる

  • やはり働く以上、職場環境は自分にとって大切だと考えています。正直なところ、前の会社の雰囲気がとても良かっただけに心配していた部分ではあったのですが、ひとことで表現するなら「嫌な人はひとりもいない」。きっとみんなも働きやすいと思っているんじゃないですかね。他の会社の営業はもしかしたら数字に追われ、場合によってはそれが原因で人間関係がギスギスするようなこともあるのかもしれませんが、当社はそういったことは全くないんですよ。労働時間も同業他社と比較すると短いほうだと思いますし。そこが良いところでもあり、逆に、人によっては油断すると気を抜いてしまうかもしれないというのは悪い部分なのかもしれません。
  • でも、営業成績ばかり気にして精神をすり減らしたまま過ごしていたら、押し売りしたり、本来伝えないといけない情報をうっかり忘れるどころか意図的に隠したりと、不誠実な行動に繋がりかねないですよね?気付かないうちにお客様に対して悪影響を及ぼしてしまっては本末転倒ですから…。その点、当社は私に限らず誰もが伸び伸びと過ごせていますので、お客様にとっては安心していただけるポイントなのかなと思います。
  • 賃貸の時は回転数が早く、とにかく数多くのお客様と接するという日々を送っていました。それが売買に変わることでお客様との接する数自体は減り、代わりに一人ひとりと向き合う時間や仕事量が増えたというのはありますね。また、賃貸ですと、転勤や仮住まいなど限られた時間の中で探される方にとっては妥協されるケースもあるため、営業の頑張りとは関係なくご成約となることも。一方、購入となるとそう簡単にはいかないので、性質が大きく異なってきます。
  • でも、お客様に対する気持ちは変わらないといえば変わらない。借りるのも買うのも、家を探すという点では同じです。重みはその人によって違うでしょうけど、あえて一生賃貸に住む方もいらっしゃるわけですし。私が良い物件を探してあげたいという気持ちに関しては、賃貸だから、売買だからといって差はありません。お客様のニーズに対して私がどう向き合うかが大事だと思っています。
藤本 駿哉さんのシーカーズインタビュー風景

お仕事をされる上で心掛けていることは何ですか?

人柄をさりげなくアピールしてニーズを探る
失望させないためにも基本は徹底

  • まず、身だしなみと事前準備はしっかりします。細かいところですと、接客の前には必ず爪を切り、鏡を見てゴミなどが付いていないか確認し、歯を磨く。ごく普通のことですし、心掛けているというほどのことではないですよね。でも、自分がお客様の立場だったら清潔感のない人が担当だったら嫌ですし、むしろ「そういう人だと思われたくない」という気持ちの方が強いかもしれません。些細なことで失望されるのはあまりにもったいないので、仕事云々よりもまず人として最低限の部分は見落とさないようにしています。
  • お客様とお会いしてからは、人柄が売り…というよりは、人柄くらいしか私にはありませんので、安心して任せていただけるよう接し方には気を付けているつもりです。どちらかというとフレンドリーに接するほうが自然体でいられるのでそのようにするのですが、馴れ馴れしくするというのも違いますし。あまり深く考えたことはないですけど、振り返ってみればそこの線引きは慎重にしてきたかもしれませんね。もし私に対して少しでも心を許してくださるようであれば、一歩踏み込んで精一杯お客様のために行動します。

印象に残っているお客様のエピソードを教えてください

ご案内の先に待っていた素敵な出会い
評価ポイントは意外なところにあった

  • つい最近の話になりますが、私と同年代で、カップルでご来社いただいたお客様のことですね。年齢が近かったこともあって私のことをとても気に入ってくださり、まるで友達のように仲良くさせていただいていました。
  • それでまあ…個人的な話で恐縮ですけれども、私、独身でして、そのお客様に素敵なご友人の方を紹介していただいたというのが印象に残っています。これまで仕事をしてきてそのようなことは一切なかったですし、もちろんそんな期待をして働いているはずもないので、まさか、ですよ。特に何をしたというわけでもなく、いつも通りに接客していただけ。何が良かったのか、考えてみても直接的な理由は思い当たりませんでした。
  • ただ、「いつ会っても爪の長さが同じできれいに揃っているよね」と言われたことがあったので、もしかしたら関係しているかもしれません。他にも、青が好きなので身の周りの物を青で統一しているのですが、そのことも仰っていました。そういった何気ない要素がたまたまお客様にとって好印象だったのなら、日頃の習慣が報われたということになります。正直、爪をこまめに切る習慣があって本当に良かった!と心の中で思いました(笑)。
  • それは冗談として、まだどうなるかは分かりませんけど、友達を紹介してもいいと思えるほどの存在になれる機会はこれから先も滅多にないでしょう。それだけ大きな信頼を寄せていただいたということがとにかく嬉しかったです。同時に、不動産営業というと物件のことがフォーカスされがちな反面、お客様は営業のこともしっかり見ていて、思わぬところで評価しているという気付きに身が引き締まる思いでした。これからも親しみやすさは保ちつつ、細かな配慮は欠かさないようにしようと考えさせられた出来事です。

目標や今後の展望についてお聞かせください

お客様にご満足いただくのは当たり前
周囲を喜ばせるため、結果にはこだわりたい

  • 目標は毎年掲げていて、直近ですと、センチュリー21の中でセンチュリオンという称号のようなものがありまして、2年目の今年は絶対に獲りたいという気持ちで臨んでいました。結果としては気付いたら基準に到達していたので、これに満足せず来年も引き続き獲得するつもりです。お客様に良い物件をご紹介して、喜んでいただいて、感謝されるというのは嬉しいことですが、この仕事をしている以上は当たり前で、むしろ常にそうあるべきだと思っています。
  • ただ、センチュリオンにこだわっていたのは自分のためであるのはもちろん、社長や上司、仲間たちはきっと自分が頑張って仕事でうまくいく姿を見たら嬉しいんじゃないかなと思うんですよね。まずはお客様のため、そして自分のため、プラス自分の近くにいる人のために何かをして少しでも喜んでくれるのが理想です。全てが叶ってはじめて私にとっての喜びであり、この仕事にやりがいを感じる部分でもあります。ですから結果を残すことには意義があると考えています。
  • 将来的には独立という目標は漠然とありますが、どんな未来であっても、いつも周りにいる人を楽しませているような人でいたいですね。それと、まだまだ努力が足りないので先の話になりそうですけれども、私が上司に対して抱いているように「この人のようになりたい」と慕われる、威厳のある人間になれたらなと思います。

編集後記Editor's Voice

  • まるで以前から知り合いだったかのように初めてお会いしても親近感の湧く気さくさ。藤本さんご自身も認める人当たりの良さは折り紙付きで、フランクでありながらも気遣いが感じ取れます。
  • そんな藤本さんは「たまたまです」と繰り返し仰っていましたが、実際には謙遜しているだけでお話を聞けば聞くほど意識の高さに驚かされました。
  • お客様に満足していただくのは当たり前。細部にまで目を光らせ徹底するのも当たり前。それを一切感じさせないところまで含めて、まさにプロフェッショナルという表現が似合います。
  • ご自身については多くを語らず、話題のほとんどがお客様や上司・同僚の方々の内容ばかりだったのがとても印象的で、温かい人柄が滲み出ていました。
  • 周囲の方々の幸せを常に願う藤本さんなら住まい探しの相談もきっと親身になってくれそうです。

センチュリー21 アイ建設
営業第1課

藤本 駿哉

営業
藤本 駿哉さんのシーカーズインタビュー

思い出に残る「大切な一枚の写真」Memorial Photo

  • 以前実家で飼っていたシェットランドシープドッグの【ルーカス】。 9歳年下の弟が生まれた時に出会い、いつもそばで励ましてくれました。 共に過ごした思い出は今でも私の心の中で生き続けています。

シーカーズ藤本 駿哉さんの大切な一枚の写真

藤本 駿哉を表す「3つ」のキーワード3 Keywords

  • ■『愛』
    分け隔てなく、誰にでも愛を込めて接するのが信条です。
    ■『希望』
    自分自身が希望を持ち、誰かに希望を与えられるような人でありたい。
    ■『挑戦』
    常に挑戦し続ける。壁は越えるために存在しているのです。