シーカーズ(SEEKERS)

有意義なひとときを
過ごしていただけるよう
プロとして必ず責任を果たします

シーカーズインタビューを受ける依田 凌太さん
  • センチュリー21 アース住販
    営業第5課
  • 依田 凌太
  • 営業
いいね! 13
いいね!

Interviewインタビュー動画

依田 凌太さんのシーカーズインタビュー風景

入社したきっかけを教えてください

子供のころからずっと好きな住宅
不動産業界の道に迷いはなかった

  • 学生の時に両親がマイホームを購入した際、ハウスメーカーを色々と回っていた時の「家っていいな、楽しいな」という感覚が最初でした。きっかけといえば、高校時代は陸上部に所属していまして、当時、先輩に将来について聞かれことがあったんですね。その時はなんとなく「美容師ですかね」と答えていたんですけれども、「もっと真剣に考えた方がいいよ。もし家族を養うとなったら稼がなきゃだし」と言われたのが、初めて今後の生き方を考えた瞬間だったと思います。お金のことはもちろん大切ですが、自分の好きなものと照らし合わせみると、やはり住宅関係が真っ先に思い浮かびました。リフォーム前後を紹介するテレビ番組を自ら好んで視聴していたようなところもあったので、今になってみれば、その時点で不動産の営業という指針はだいたい固まっていたんじゃないかなと思います。
  • 以後、気持ちが変化することもなく、大学は建築学科へと進学しました。就職活動の時も不動産業界以外は一切頭にはありませんでしたね。そのまま自然な流れで、不動産仲介の営業としてアース住販へと入社したのが経緯です。

入社後からこれまでを振り返って

何もかもがうまくいかない日々
転機は信頼できる上司の存在

  • 今だからこそ言える話ですが、私、一度辞めているんです。恥ずかしながら、入社してから退職するまではずっと典型的なダメ営業マンでした。当時はいつだって全然うまく話せないですし、お客さまが何を望んでいるのか全く分かりません。ご案内は常に緊張しっぱなし、挙句の果てには車の運転まで緊張してしまう始末ですから(笑)、当然、お客さまとの信頼関係とは無縁の世界ですよね。かれこれ2年くらいその状態が続いたある日、何かがプツンと切れてしまって、唐突に退職を申し出ました…。
  • それから数年間はフリーターをして無気力に過ごしていたのですが、ふとしたタイミングで当時の上司に食事に誘われまして、「また戻って一緒にやってみないか」と。そもそも、あんな辞め方をしたのに連絡があるなんて思わないですし、不動産関係の仕事はもう一生しないつもりだったので複雑な心境でしたね。ただ、こんな自分に声をかけてくれたことがとにかく嬉しく、期待に応えたい気持ちもあったので、再度入社する運びとなりました。戻ってすぐは当時とあまり変わらない状況でしたが、少し経ってから家庭を持ったことにより、意識が明らかに変わりました。守るものができたことで、自分でも別人のようになったと感じます。結局のところ、仕事の質は意識次第なのかなと思います。
  • 不思議なもので、二度と関わらないと決めていたこの業界で、今となっては腰を据えて携わっていくと決めています。まずは私を救ってくれた上司や会社に対して、恩返しをしないといけないですよね。もちろん、お客さまとの出会いは何かのご縁ですから、幸せになっていただけるよう、全力でサポートしてまいります。
依田 凌太さんのシーカーズインタビュー風景

接客で心掛けていることは何ですか?

有意義な時間の提供を最も重視
答え合わせは意識的に

  • まず私自身、休みは充実したものであるべきだと考えていますので、貴重な休みによく分からない接客を受けたとしたら時間がもったいないですし、その人をまた頼ろうとは思いません。お客さまからすると、お休みの大切な時間を削ってわざわざ足を運んでくださっている上、もしご成約となった際はとても高額な仲介手数料をいただくことになります。だからこそ、検討段階から「勉強になったね」、「いい物件だった」、「来て良かったなぁ」など、何でも構わないので、有意義なひとときだったと感じていただけるような接客は強く意識しますね。また、お客さまは当然大切なのですが、売主さんあっての物件だということは忘れません。双方のバランスを取り、調整役・橋渡し役として恥ずかしくない、プロのご案内を常に心がけています。
  • 接客時には、お客さまの考えを、言葉だけではない部分に潜んでいるニーズをとにかく見落とさないようにしています。特に意識するのは“答え合わせ”です。何かお客さまが話された際、そこに真意が隠れていることがありますので「先ほど〇〇と仰っていたのは、もしかしたら××なのかなと思ったのですが、いかがでしょうか?」と聞いてみたり。話すタイミングも実は考えていて、すぐ反応すべきか後に回すか、といった気遣いはしているつもりです。かつて失敗を多く経験しているぶん、“こうしたら信頼関係が台無しになる”というパターンは人より理解しているはずなので(笑)。技術的に特別なことをしているわけではなく、普通ですよ。ただ、会話のキャッチボールから、お客さまとの距離をいかに縮めて価値観を共有できるか。そこの比重はだいぶ大きく、こだわっている部分です。

印象に残っているエピソードを教えてください

後悔のないようお客さまを後押し
誠意を尽くして呼び込んだ幸運

  • どのお客さまであっても精一杯努力した末にご成約いただいているため、特別な思い入れのある方はいらっしゃいません。ただ、強いて挙げるなら新人の頃のお話でしょうか。そのお客さまは気に入った物件を申し込んだタイミングですでに2名の先約があり、3番手で待機の状態からのスタートでした。通常であればなかなか難しい案件ですので、他のところを探すことになるのですが、ご本人もだいぶ気に入られていたため、購入に向けての準備だけは進めておくことになりました。しかし、そこでの手続きが意外と複雑で…。お客さま自身も「買えるかどうかわからないのに、こんな面倒なことをしても意味がないのでは?」と仰っていたのですが、「最後まで分からないので、やれるだけのことはやっておきましょう」と続けることに。諸々の手続きが完了し、あとは待つだけの状態まで漕ぎつけた結果、幸運なことに先約の方が2名ともキャンセルとなり、無事に購入することができました。
  • もしかしたらただのビギナーズラックだったのかもしれませんが、ピュアな気持ちであきらめずに取り組んだのが結実したところもあったのかなと思います。もちろん、今後同様のケースに遭遇したとしても、同じように進めるでしょう。でも、今だったら並行して他の物件を探す動きは取るかもしれません。いずれにしても、お客さまのために後先を考えず真っ直ぐに行動し、ご満足いただけたら私も純粋に嬉しいです。どれだけベテランになろうともそこは変わらないでしょうね。初心に立ち返り、ひたむきに頑張る精神は忘れずに持ち続けていたい、そう感じさせる出来事でした。

今後の展望を教えてください

個人競技で培った必死な努力
地道に、着実に、お客さまと向き合っていく

  • 私、こう見えてスポーツが結構得意なんですよ。小さい頃は週末に野球をしつつ平日は体操教室、中学時代は部活動とクラブチームで野球に明け暮れました。高校で陸上部に入ったのは、甲子園を目指せるほど上手ではなかったから…くらいの理由だったのですが、いざ入部すると思いのほかのめり込んでしまって(笑)。特にタイムが縮まったときは達成感があり、とても嬉しかったです。思い返すと野球以外は個人競技ばかりしていたんですけれども、個人の勝負とはいえ、実際には自分との闘いじゃないですか。成績を上げるために必死に考えて行動しないと結果が出ないところは仕事に通じる部分で、スポーツの経験は現在に活かされていると感じます。
  • 性格上、分不相応な目標設定はしないようにしています。代わりに、定めた小目標は必ず達成し、次の目標を立てる。その繰り返しですね。陸上をしている時も、最初から全国大会を見据えると標準記録との開きに絶望してしまうため、たとえ県大会に出られる実力があっても、そこを目指して着実にクリアしてきました。仕事でも同じように、まずは目の前のお客さまに対して、しっかりとサポートしていくことが大前提なのかなと思います。
  • 今後の展望としては、せっかく不動産の仕事をしているので、仲介に限らず色々なことをこの会社でチャレンジしたいですね。社内的な立ち位置でも、ゆくゆくは管理職になりたいなど、漠然と考えることはあります。今はまだ下積みの時期ですから、どんな案件でも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

編集後記Editor's Voice

  • 「今日は話す気満々で来ました」
  • 落ち着いた口調で語りながら現れた依田さんの第一印象は、清潔感のある誠実そうな方。ご自身が結果を出せなかった時期を経て、同じ失敗を繰り返さないよう注意深くお客さまと接する意識の高さは、「プロとして恥ずかしくないように」と力強く仰っていた言葉に表れていたように感じます。
  • そんな依田さんですが、実はとてもユーモラス。インタビューの合間には書き切れないほど面白いエピソードにあふれ、筆者はこらえ切れず幾度となく大笑いしてしまいました。きっと、お客さまとの会話も笑いが絶えないのだろうなと思います。
  • ただ楽しいだけでなく、責務を果たすプロの仕事。同僚の方々やお客さまからの信頼も厚い依田さんとなら、住まい探しも実りあるものになりそうです。

センチュリー21 アース住販
営業第5課

依田 凌太

営業
依田 凌太さんのシーカーズインタビュー

思い出に残る「大切な一枚の写真」Memorial Photo

  • 高校時代に参加したマラソンでの一枚です。自己ベスト更新に向けて、練習の成果が数字として残る事が楽しく、がむしゃらに取り組んでいました。大変な競技ですが、完走後の達成感や充実感は忘れられない思い出です。

シーカーズ依田 凌太さんの大切な一枚の写真

依田 凌太を表す「3つ」のキーワード3 Keywords

  • ■『スポーツ』
    社会人になるまで様々な競技に没頭。運動神経は良かったです(笑)
    ■『趣味』
    休日には専ら、FPSオンラインゲームでストレスを発散しています。
    ■『仲間』
    仲間がいるから今の自分の姿があります。本当に感謝しかありません。