シーカーズ(SEEKERS)

お客さまの幸せと、
その先まで見据えて
時流に合った最適なご提案を

シーカーズインタビューを受ける溝畑 尚一さん
  • 株式会社アーバン企画
    メディアグループ アカウントチーム
  • 溝畑 尚一
  • 企画営業
いいね! 9
いいね!

Interviewインタビュー動画

溝畑 尚一さんのシーカーズインタビュー風景

入社されたきっかけは?

前職とは全く違う業界にチャレンジ
様々な業界人との出会いを求めて企画営業へ

  • 大阪が地元なんですが、若い頃の自分は手に職をつけたい、親元を離れて一人前になりたいという、その漠然とした想いから専門学校を卒業してすぐ横浜に引っ越して歯科技工士をしていました。
  • しかし実際に働いてみると、技術職なので思っていたよりも大変だったのもそうですが、一人前になるまではなかなか生活していくのが厳しいという現実に直面してしまいました。
  • そんな時に当社の求人情報を見まして、営業であればもっと外の世界を知れますし、扱う商品が広告ですので、ジャンルを問わず様々な業界の方と接点を持つことができそうだなと直感がありました。当時はまだ若かったので、失敗など恐れず、思い切ってすぐに飛び込ましたね。
  • 結果的にそのまま勤続して今に至りますが、クリニックの院長様や企業の役員様、個人経営のオーナー様など、普段なかなか巡り合えないような方々とお話する機会をいただくことも多く、自分自身の見聞が広がるので非常にやりがいを感じていて、あの時の直感を信じてよかったと思っています。

お仕事内容、また心掛けていることがあれば聞かせてください

自社メディアのみならず多種多様なご提案
レスポンスの早さ・相手目線の行動が身上です

  • 当社はひとことで言うと広告代理店になります。横浜を中心とした自社メディアでタウン情報誌アーバンというフリーペーパーの発行と、イーページというポータルサイトの運営をしています。それ以外にもホームページの制作や、集客に繋げるためのWEBコンサルティング、カタログやチラシの制作なども行っています。
  • 私は営業担当として、お客様に直接会ってご希望やお悩みを伺い、最適なメディアをご提案するのが主な仕事内容になります。お客様によってニーズは多岐に渡ります。最近では新たなツールとして、ドローンを使っての空撮も始めました。他にもデジタルサイネージも取り扱っておりまして、機器の選定から設置、さらには動画コンテンツの制作まで一貫してご提案することもあります。
  • 仕事で心掛けていることはお客様に対して、ご依頼やご質問があった時のレスポンスをなるべく早くするというということを一番に考えています。自分が逆の立場だったらと考えた時に、レスポンスの悪い方と良いお取引が出来るとは思えませんから。
  • 仕事でもプライベートでもそうですが、自分だけが良ければいいという判断で行動すると、誰からの協力も得られません。そうなってしまわないように、少し立ち止まって、相手が何を望んでいるのか、どうすれば相手が幸せになるのかを考えるようにしています。
溝畑 尚一さんのシーカーズインタビュー風景

仕事とお客様に対する想いを教えてください

何事も『知る』ことがきっかけ
常に身近にありながらも可能性は無限大

  • 日常生活の様々なシーンを思い浮かべるとき、身近なところにたくさんの広告があることに気付かされます。テレビで流れるCMやチラシはもちろん、雑誌や電車の広告、SNSなど、目にしない日はないと言い切ってもいいくらい、世の中は広告で溢れています。
  • そのような環境の中にいると、生活の一部になっているもののきっかけが、実は広告だったということが多々あります。例えば私の場合で言いますと、今では結構なペースで通っている行きつけの某回転寿司チェーン店がありまして、そこへ最初に行った時のことを思い返してみました。
  • 元々そのお店があることも知らなかった私がなぜ行ったのか? その答えは、新聞の折り込みチラシの中にオープン告知が入っていたからという、いたってシンプルなもの。実際に行ったのはオープンしてから少し経ってからでしたが、お寿司が食べたいなとふと思った時に、そのチラシのことを思い出したわけです。知っていたからこそ行くことができましたが、知らなければ普段通ることのないその場所に行くことはなかったでしょう。
  • 消費者が商品を検討する際、購入に至らない最たる理由は『知らないから』だと言われています。家電量販店にテレビを買いに行ったとして、そのお店に置かれていない、しかも知らないメーカーの製品をまず買おうとは思わないでしょうからね。逆にもし事前に知っていて気になっていたのなら、そこで買い物をしないということも考えられますし、場合によってはテレビの購入そのものを見送るなんてことまであるかもしれません。
  • 少し大げさかもしれませんが、広告はどんなに小さいものであっても、人の行動、人生、もっと言えば社会や文化を変えるほど、無限の可能性を秘めていると私は信じています。そんなスケールの大きい仕事をしていて、大事な架け橋の役割を担っている・・・そう考えたら、ひとつひとつの行動に責任感が生まれてきて身が引き締まります。当然、中途半端なことは出来ないですよね。

トップセールスの秘訣はありますか?

誰でも出来ることをコツコツ積み重ねるだけ
粘り強さ、ストレス耐性には自信があります

  • 特に変わったことは何もしていませんよ。誰でも出来ることを本当に地道にやるだけで、それがたまたま結果に結びついているだけだと思います。ただ、強いて言うなら、他の方よりもあまりストレスを感じないタイプだとは思いますので、何かしらの結論が出るまでは挫けずにご案内をしているつもりです。その分、ご縁をいただく機会が少しだけ多いのかもしれませんね。
  • やはり初対面でたくさん会話をしてくださる方はこちらも話しやすいですが、もちろんそんな方ばかりではありません。最初で難しければ、2回目、3回目にお会いした時に何を話せばいいかを考えるようにしています。回数を重ねることでお互いの人間性が見えてくることもあるので、そこに辿り着くまであきらめないというのは意識しています。
  • 実際に過去にあった話では、初めての訪問だったので失礼のないように約束のお時間よりも少し早めに伺ったら、なぜか先方が大変お怒りになられてしまい、話を一切聞いていただけなかったということがありまして・・・こちらもその時はすごく怖い方だなと委縮してしまったのですが、せっかくいただいた機会なのであきらめずに再度お約束を頂戴しまして、会って話してみたら非常にいい方でビックリしました。
  • これはもう10年ほど前のことですが、そのお客様とは今でも定期的にお取引をさせていただいておりますし、たまにお食事やバーベキュー、スポーツ観戦に誘っていただくこともあり、公私共に大変お世話になっています。
  • 他には、広告に関してはひとつご提案してそれで終わりというものではなく、たとえ数年経ってもその時の集客や売上の状況に応じたお手伝いができる可能性があるので、定期的にコミュニケーションを取るようにはしています。ただ、これは恐らく誰でもしていることですよね。特別なことができない代わりに、普通のことをとことんやり抜く。そこに関しては今後もこだわっていきたいです。

今後の目標を聞かせてください

多様化するニーズに応えられるよう常に勉強
良い出会いだと思っていただけるよう成長したい

  • 広告に携わって10年以上が経過しましたが、特にここ数年間の業界の流れは本当に早いと感じています。広告も色々と新しいものが出てきているので、それに乗り遅れないように自分たちも勉強して、知識を身につけていかなければいけません。
  • 何より、年齢との戦いでもありますが、トレンドに敏感であり続けるということは意識したいです。お客様のニーズ自体もこれまで以上に多様化していくと思うので、その中で本当にマッチしたメディアをご提案できるようにしていきたいですね。これは私だけが実践していても意味がないので、部下や他部署とも密にコミュニケーションを取り、組織全体を牽引していきたいと思っています。
  • 個人の目標としましては基本的な部分ですが、お客様に対してご満足いただけるような仕事をきちんとこなすこと。その先にやはり営業ですので会社の業績向上に貢献しながらも、自分の収入を上げていきたいです。
  • 自分自身に余裕のない状態ではお客様に良いご提案ができるはずがありませんから。仕事にしっかり向き合い、楽しみ、その幸せをつなげていく。お客様にも「この人と巡り会えてよかった」、そう思っていただけるような人間になれるように日々成長していきたいです。

編集後記Editor's Voice

  • 営業成績トップとお聞きしていたのでバリバリの営業マンを想像していましたが、実際にお会いした溝畑さんは非常に物腰が柔らかく落ち着いた方でした。
  • インタビュー中は終始謙遜をされていた一方で、その内側からは10年以上広告業界に身を置き、最前線で活躍されてきたご自身の経験に裏打ちされた自信が滲み出ていたように感じます。
  • 尊敬する方が稲盛和夫さんということで、「自分を犠牲にしても他の人を助けよう」という利他の精神を体現すべく日々邁進する溝畑さん。
  • 長くお取引を続けているお客様が多いそうですが、お客様目線を常に意識しているからこそ信頼を得られているのでしょう。
  • 真摯に仕事に向き合う傍ら、随所にコミカルな一面も覗かせていました。
  • 話せば話すほどもっと知りたいとつい気になってしまう、そんな魅力を持った方です。

株式会社アーバン企画
メディアグループ アカウントチーム

溝畑 尚一

企画営業
溝畑 尚一さんのシーカーズインタビュー

思い出に残る「大切な一枚の写真」Memorial Photo

  • 社員旅行で生まれて初めて訪れた沖縄。都会の喧騒を忘れ、仲間と楽しく過ごした時間は最高の思い出です。また行けるように頑張るぞ!!

シーカーズ溝畑 尚一さんの大切な一枚の写真

溝畑 尚一を表す「3つ」のキーワード3 Keywords

  • ■『ウォーキング・デッド』
    海外ドラマの『ウォーキング・デッド』にここ数年どっぷりとハマっています。
    ■『お笑い』
    大阪出身なので、お笑いが好きです。ダウンタウンの番組は必ずチェックします。
    ■『えんがわ』
    カレー、ラーメンなど好物はたくさんありますが、一番はお寿司のえんがわです。